ディレクトリ構造をツリー形式で表示してくれる『tree』コマンドが便利すぎる

phi phi on command

Mac で Homebrew 経由で Tree コマンドをインストールして,
使う方法について紹介します.

windows は最近起動すらしてないので知らないですmm

Tree コマンドとは?

Tree コマンドとは, ディレクトリ一覧をツリー形式で表示してくれる
便利なコマンドです.

ディレクトリ構造を一覧で確認したいってときや, プログラミング系のエントリーなどを書いているときに構成ディレクトリを載せたいって場面で使えるかと思います.

Tree をインストール

Mac での話なので Homebrew 使います.

$ brew install tree

これだけですね.

Tree の使い方

$ tree [path] [option] という形で使います.

ターミナルで

$ tree -L 2

と打ち込んでみてください.

下記のような感じでディレクトリ構造をツリー形式で表示してくれるのが わかるかと思います.

.
├── README.md
├── bower.json
├── build
│   ├── phina.js
│   └── phina.min.js
├── gulpfile.js
├── index.html
├── logo.png
├── node_modules
│   ├── grunt
│   ├── gulp
│   ├── gulp-jade
│   ├── gulp-uglify
├── package.json
├── src
│   ├── app
│   ├── game
│   ├── geom
│   ├── graphics
└── test
    ├── benchmark
    ├── common
    ├── game
    └── util

Tree で指定できるオプション一覧

name description
-a 隠しファイルや隠しフォルダも表示
-f 相対パスで表示
-h ファイルサイズも表示
-u オーナーも表示
-g グループも表示
-d ディレクトリのみ表示
-L 階層レベルを指定
-P ファイル名でフィルタリング
-I 除外するファイル名を指定

Tree 使用例

3階層までを表示

$ tree -L 3

html のみ表示

$ tree -P '*.html'

node_modules を除外

$ tree -I node_modules

ディレクトリのみ表示

$ tree -d

Reference